ビルドアップ有限会社 船橋市千葉市 住宅・店舗事務所出店リフォーム

047-489-5964

メールからのお問い合わせはこちら

スタッフブログ

ビルドアップスタッフブログ

某輸入者ディーラー改装工事はじまりました!

某輸入車ディーラー改装工事はじまりました!

本日も良いお天気ですね
明日、都心では
20度近く気温が上がるみたいですね!
こうなってくるとお花見が待ち遠しい〜
←ただ呑みたい人。
( ¯﹀¯ )/+*
それはさておき、本題にもどります。
今回は店舗改装です!
某輸入車ディーラーです!
↑大人の事情でお名前だせませんが
ヒント
アメリカのメーカー↓
フランスのメーカーに変更でーす!
今話題のトランプ氏に一喝されそうですが
さて、どう生まれ変わるかは乞うご期待!

本日、着工の現場です!

本日着工の現場です!

寒い日が続きますが、皆さまお風邪などひかれていませんか?私は2.3日前から咳がコホコホと…(´ρ`*)コホン 明日、病院に行ってこようと思います(;・∀・)
さて、それはさておき、本日より着工の現場です!古いですね…(;・∀・)どう変身するかはお楽しみに☆

「住宅ストック循環支援事業」【エコリフォーム】について

 

ご存知ですか?エコリフォームのこと(住宅ストック循環支援事業補助金)
ご無沙汰しております。
今回はわたくし、舘野がお送りいたします☆
よろしくお願いしますm(__)m皆様、「住宅ストック循環支援事業」【エコリフォーム】
という制度、ご存知でしょうか?

持ち家(※居住している事、店舗、倉庫、賃貸等は不可です)の省エネ性能を向上させるリフォームに対して補助金が支給されるかも?という制度です。
注意※予算額に達した場合は期限前でも補助金交付は終了となります。

ただこういった制度、やはり手続きやら、条件等が難しいです(-_-;)
まず下記の要件があります。

1.自ら居住する住宅について、施工者に工事発注をして、エコリフォームを実施すること。
→弊社は事業者登録済みですので、ビルドアップへリフォーム工事をご発注いただければ、要件1はクリアです!

2.リフォーム後に耐震性が確保されていること。
→リフォーム後に耐震基準(「新耐震基準:昭和56年6月1日導入」以下、新耐震基準とします。)を満たしている必要があります。
例えば、昭和56年(1981年)6月1日以前に竣工(完成)した建物は
新耐震基準に対応しないため、耐震改修工事が必須要件となります。
逆に昭和56年(1981年)6月1日以降に着工~竣工(完成)の建物は
新耐震基準を対応するため、要件2はすでに満たしていることとなります。

3.対象となる必須工事(エコリフォーム)の補助金額合計が5万円以上となること
→住宅ストック循環支援事業事務局に登録されている補助対象商品を使って
以下の①~③の内、いづれか1つが必須、かつ①~③の補助額の合計が5万円以上を満たす必要があります。

①開口部の断熱改修
例:サッシのガラス交換、内窓設置、サッシ交換、ドア交換

②外壁、屋根・天井又は床の断熱改修
部位ごとに断熱材を一定量以上使用する断熱改修工事

③設備エコ改修(下記から3種類以上の設置が必要)
太陽熱利用システム(太陽熱温水器 太陽光発電ではありません。)
節水型トイレ
高断熱浴槽
高効率給湯器(エコキュート、エコウィル、エコジョーズ)

以上、要件1から3を満たすと1戸あたり最大30万円 ※耐震改修工事は+15万円(最大45万円)の補助金が交付されます。

そして申請期限もあります。

【対象工事期間】 平成28年11月1日~平成29年12月31日(予定)
【補助金交付申請期間】平成29年1月18日(予定)~遅くとも平成29年6月30日(予定)
※予算額に達した場合は期限前でも補助金交付は終了となります。

ふう~(´。`)
といった具合です。

昨日、この制度の事務局の方とお話ししていましたが、とても複雑なので何かありましたら、ご連絡くださいと言われました(;’∀’)

詳細については
国土交通省のホームページまたは当社までお問い合わせ下さい!この機会にリフォームしてみませんか?お問い合わせお待ちしております!

ビルドアップ有限会社
TEL:047-489-5964